【Photoshop】瞬間移動のショートカット

はじめに

このツイートが(私の中では)思いの外伸びたので、書き途中だった記事を慌てて完成させました。ぜぇはぁ。
いや別に完成させなくてもいいんだけど鉄は熱いうちに打ちたいし、使用上の注意とかTwitter上じゃちょっとめんどくさかったんです…使ってもらえるなら快適に使ってほしいですし。

元々このブログはDocBaseという情報共有ツールで書いたPhotoshop記事を、社外向けにリライトして載せています。
社内向けにゆる〜くネタをぶっ込みつつ書いてる記事なので、ぶっちゃけ言葉遣いもテキトーです。書いてる人間がテキトーなんで。
なのでこの小ワザを使いたい方はゆる〜い気持ちで読んでいただけるとしあわせです。

瞬間移動したいのはどんな時?

この要素、もっと上に移動したいな〜
あの要素はもっと左下に移動したいな〜

Photoshopでデザインしてると、こんな場面はしょっちゅうです。毎日です。30分に1回はそう思って生きています。そんな時どうしてますか?
ドラッグ&ドロップでもいいんですが、選択範囲整列のショートカットを使えば瞬間移動ができるんだぜ!
※正式名称がないので選択範囲+整列でオブジェクトを移動させることを瞬間移動と呼ぶことにします。

…つまり、こういうことだってばよ!!


お分りいただけただろうか・・・
ドラッグ&ドロップで移動するよりめたくそ早いです。
縦に長いPSDでこの技を使うと正に孫悟空です。つかもうぜ!ドラゴンボール!!
選択範囲 + 整列瞬間移動と覚えましょう。

手順

とりあえず上に整列にしてみましょう。

  1. 移動させたい場所に選択範囲を作る
  2. 移動させたいオブジェクトを選択
    • 複数選択可
    • レイヤーでもグループでもOK
  3. 上端のショートカットを発動
  4. 選択範囲の上に整列整列ぅ!ね、簡単でしょ?

※1と2の順番は逆でもOKです。

使用するショートカット

攻殻機動隊のオペレーターになったつもりでやると厨二心がくすぐられます。電脳ハックには気をつけてください。

選択範囲

長方形選択ツール M
全選択(Photoshopではカンバス全体が選択されます) Cmd+A
任意のオブジェクトから作る方法 Cmd+レイヤーサムネイルクリック
選択解除 Cmd+D 
長方形以外はだめなの?
選択範囲が作れればOKです。●▲■なんでもいいです。

整列

上端 Control+Opt+Shift+Cmd+8
垂直方向中央 Control+Shift+Cmd+5
下端 Control+Opt+Shift+Cmd+2
左端 Control+Opt+Shift+Cmd+4
水平方向中央 Control+Opt+Shift+Cmd+5
右端 Control+Opt+Shift+Cmd+6

私はこんな感じで割り当てています。
え?ショートカットの変更方法が分からない?ググれ!
ぶっちゃけ手の位置と動きで覚えてるので「どれ押すんですか?」って聞かれても言えないです。キーが多くてビビるけど使う位置固定なのでがんばっておぼえてください(ゲス顏)

注意事項

この技は基本的にレイヤーまたはフォルダ内に描写されているエリアに対して有効です。
移動させるレイヤーの状態によってはうまくいきません。
何を言っているのか分からねーと思うが体験すれば分かります。
よくある例を載せておくので心の片隅にそっと留めておいてください。

レイヤーマスクを掛けてるとうまくいかない問題


このように、見た目は全く一緒なのに瞬間移動してもネコ🐱の頭は揃ってないですね。かなしい。
このような場合は画像に対してレイヤーマスクを掛けている可能性が高いです。
クリッピングマスクとレイヤーマスクでは基準点が違うのです
この場合は手動で移動させた方が早かったりします。

クリッピングマスクの基準点 レイヤーマスクの基準点
クリッピングマスクの場合はベースレイヤーの描写範囲を基準としているので、見た目通りの挙動をしてくれます。  レイヤーマスクの場合、整列の基準となっているのはマスクのエリアではなくネコ🐱画像のエリアになります。とんでもないところに移動してファッ!?っとなりますが安心してください、通過儀礼です。

意味がわからないよ!となったあなたは、あなたはどっち派?レイヤーマスクorクリッピングマスク(Photoshop編)を読んでレイヤーマスクとクリッピングマスクの違いを理解しましょう。とても分かりやすい記事です。

テキストレイヤーはちょっとはみ出る問題


テキストレイヤーに対して瞬間移動させるとちょこっとはみ出ます。仕様です。たぶん。
書体とQ数にもよりますが1〜4pxはみ出します。あらかじめガイドを引いてはみ出した部分を調整しましょう。

複数人で作業する場合は特に注意 
これは会社にもよりますが、私は1つのデザインデータを複数人で触る環境で働いています。もちろん実装も別の人です。
4pxズレるのを5人が繰り返すと20pxズレます。マージンが20px変わったらcss書き換えますよね?ちゃんと正しいマージンを守りましょう。
アンチエイリアスで境目が分かりづらい時はどうするの?
そんな時は画像で書き出す場合を思い出してください。アンチエイリアスも含めて書き出しますよね?そこが境目です。

テキストボックスで左右の整列がうまくいかない場合


左整列などで思った位置に来てくれない場合は、テキストボックス + インデントが設定されています。きっと。
ウィンドウ > 段落 で段落パネルを開いて調整しましょう。


この2つの指定は便利なんでよくやります。
「この幅に対してpadding: 0px 20px;したいな〜」という時によく使います。自動で折り返してくれるのでとても便利です。
「違うんだ・・・ここはインデントしなくていいんだ・・・」と言う場合はインデントの設定を変更しましょう。

テキストボックスだと下整列がうまくいかない場合


テキストボックスを内包したレイヤー群に対して下端で整列をした場合、レイヤーマスク時と同じような現象が起こります。
ボックスの高さが…大きすぎるんだ……!

この技は基本的にレイヤーまたはフォルダ内に描写されているエリアに対して有効です。

これにはテキストボックスのエリアも含まれるのです。こちらは情報パネルから変更できます。
ウィンドウ > 情報 で情報パネルを開いて調整しましょう。

おしまい&おまけ

ショートカットは慣れるまで指がああああ!指がああああああ!!!となるけどがんばって体で覚えてね!(・∀・)
今回の説明に使ったPSDを置いておくので自分でいじってみてくださいまし。

ABOUTこの記事をかいた人

miyuki-chi

都内でwebデザイナーやっています。 DocBaseを使って社内向けに共有したナレッジが200件を超えたので、社外向けにリライトすればお小遣いを稼げるんじゃなかろうか・・・? という下心とWordPressをいじってみたい一心でこのブログを作ってみました。えへへ。